資金サポートの種類と受ける条件についてまとめた資金サポート情報サイト

無職やパートでも受けられる資金サポートってあるの?

資金サポートの目的と返済が難しくなった場合の対策

資金サポートは生活支援を目的とするものと事業支援を目的とするものに大別され、生活支援は、無職やパートといった社会的信用が低い方でも、当然、受けられますし、事業支援も、社会的な信用が低い方の起業サポートを目的としたものもあるので、無職やパートが事業への資金サポートを受けることも可能です。

無職やパートでも資金サポートは受けられる

資金サポートには国や地方自治体による公的なものと銀行や信用金庫、信用組合のような金融機関、非営利団体である社団法人などによる私的ものがあり、公的な資金サポートの場合、持続可能な資金サポートを国民に提供することを目的に事業支援や生活支援を行い、私的な資金サポートは銀行や信用金庫、信用組合といった金融機関なら経済的地域振興や互助を目的に事業支援や生活支援をし、一部社団法人なら、公益事業としての生活支援を目的としています。

一見すると、公的な資金サポートも私的な資金サポートも、事業支援や生活支援を提供しているという意味では変わりないため、大差ないものと思われるかも知れませんが、公的な資金サポートが資金サポート自体を目的としているのに対し、私的な資金サポートは資金サポートによる結果を目的としている点で異なっており、公的資金サポートを受けられても私的資金サポートを受けられないこともあれば、公的資金サポートを受けられなかったものの私的な資金サポートは受けられる場合もあるでしょう。

公的な資金サポートにしろ、私的な資金サポートにしろ、言えることですが、多くの場合において資金サポートは融資の形で行われることが多く、いずれ返済しなければならないため、事前に返済計画まで含めた計画が必要で、計画通りに返済が行えるのなら問題ないものの、どんなに緻密なものだとしても計画は机上のものに過ぎないため、返済が滞った際のことも想定しておくべきであり、公的な資金サポートを受けているなら、資金の提供元に事前に相談して返済計画を修正することで返済期間を引延ばすか債務整理し、私的な資金サポートを受けている場合には、ファクタリングを利用して疑似的に返済期間を引延ばすか債務整理を行うしかありません。

生活支援や事業支援を目的とした資金サポート

生活の支援を目的とした資金サポートとは、生活困窮者とその家族の生活だけでなく、突発的な資金難に際しての生活再建など多岐に渡っての生活支援を目的とし、起業支援を目的とした資金サポートの場合、新規事業者や事業者のために資金面から起業支援することが目的となります。

生活支援や緊急支援を受ける条件

主に低所得者を対象とする生活支援や緊急支援ですが、低所得であるだけで受けられるわけではなく、既に公的な資金サポートを受けていれば、重複して受けることはできませんし、住所不定の場合、書類などによる申請ができないため、自治体の福祉担当部署から公的な資金サポートを受け、住所を用意しなければなりません。