資金サポートの種類と受ける条件についてまとめた資金サポート情報サイト

>

生活支援や事業支援を目的とした資金サポート

生活の支援を目的とした資金サポート

生活の支援を目的とした資金サポートの目的は、低所得に起因した生活困窮者とその家族の生活を支援することを目的としたものだけでなく、突発的な資金難に見舞われた際の生活再建支援を目的としたものもあれば、低所得世帯向けの教育支援を目的としたものや低所得の高齢者向けに不動産を担保に生活資金をサポートすることを目的としたものなど、様々なものがあります。

前述したような、生活支援を目的とした資金サポートの中には、大規模な恐慌やパンデミックといった突発的なイレギュラーに対応することを目的としたものもあり、緊急時の一時支援を望めますし、大規模な災害等で生活基盤を損なった方への資金サポートを目的としたものもあるので、あらかじめ把握しておくと、緊急時に役立つでしょう。

事業の支援を目的とした資金サポート

事業の支援を目的とした資金サポートであれば、新規事業を立ち上げるための起業への資金サポートである開業支援や既存の事業経営を継続するための経営支援といった目的が想定され、特に起業への資金サポートは豊富であり、事業者が新規に起業する場合はもちろん、新規事業者が新規に起業する場合にも資金サポートを受けることが可能です。

社会的信用がある程度はあるであろうことが見込まれる事業者ならともかく、社会的な信用がそこまで見込めないであろう新規事業者であっても、資金サポートを受けられることに違和感を覚えられるかも知れませんが、起業への資金サポートを受ける場合、信用保証協会のような公的な機関からの保証を受けるか、十分な代位弁済能力のある保証人を用意しなければならないため、生活支援を目的とした資金サポートとは前提が異なります。